時代を反映したビジネスの方が将来性が高い

景気のいいときは、既存のビジネスに参加してもそこそこ売上げを出すことができます。

経験を生かして、またつてを生かして独立、脱サラするという方法でもなんとかなります。

しかし、そこは結局国内でいうと、少ないパイをホケアっているだけですから・・・

不景気になれば、一気に落ちます。そして、競争力がなければ破綻です。

日本は、人口減少ですから、そのように既存のビジネスに入り込んでもあまり将来性はうすいといえるでしょう。


もちろん、新興国向けのビジネスでしたら話は別ではあります。

では、時代を反映したビジネスというものはなんでしょうか・・・?

少子高齢化やエコなどがキーワードとなってきます。

太陽光発電関連ビジネスとか、単なるブーム以上に伸びている家庭菜園などに関するものとか・・・・

高齢化で、期待された介護関連ビジネスは、介護施設は苦労していますが、介護サービス関連ビジネスはまだまだ需要が期待できます。

このようなビジネスで、あらたなヒジネスを見つけていくことが重要なポイントでしょう。