開業準備記事一覧

ビジネスには、オフィスが必要な訳ですが、自宅開業するのならば、特別どこかにオフィスを借りるということはないわけですが、誰もが自宅で開業出来るわけではありませんので、営業場所、仕事場、店舗となるオフィスを借りる必要がでてきます。テナントや店舗が必要なビジネスでなければ、また開業資金が十分あるという場合でないのならば、出来るだけ、オフィスの取得費用と、月々の家賃経費の負担は少なくした方がいいわけですか...

独立開業するときの形態として、会社設立か個人事業開業かという選択肢があると思います。売り上げ規模が少ない場合、法人かすると、個人事業開業よりも、デメリットが多くなります。会社設立の場合のメリットとデメリットについては以下のような事がありますので、独立の前に頭に入れて置いて欲しいと思います。会社は、業績に関係なく、毎期ごとに7万円程度の法人住民税を納める義務があり、また、所得が少ない時にも、一律22...

資格取得をしないと開業できないものもありますし、資格取得は単なる差別化や信頼度、業務内容を広げるというものにもなると思いますので、開業準備の1つとして、資格取得を考えてみるのもいいと思います。また、どんなビジネスをしようかと悩んでいる場合も、資格取得を考えることで、ヒントになることもけっこうありますよ。社会的なには国家資格が一番信頼感がありまりますしが、その他にも公的な資格民間の資格など、資格取得...

独立したいという希望があっても、「どうしたらいいのか分からない」、「きっかけがつかめない」など全然先へ進めないと言う人は多いのではないでしょうか?そんな人には、まずは、副業から始める事をお勧めします。もちろん働きながらの副業となれば、在宅の仕事でなければそうそう続けられませんので、在宅副業が必要でしょう。

開業資金は、国民生活金融公庫など公的な事業融資をうければ、低金利で借りることはできます。また開業資金としては融資してもらえませんが、銀行のビジネスローンを運転資金として利用することもできます。しかし、ローン返済しながら事業を営んでいくのは結構負担が大きいものではないかと思います。開業資金が大きい業種の場合は融資を受けてローンを組むのも仕方有りませんが、できる限り自己資金を貯めてから独立をすることを...

開業するには、自己資金で済めばそれでいいですが、自己資金だけでできるようなビジネスはそうおおくはありません。ですからそれなりの資金のかかるビジネスを始めたい人は、開業資金の調達についてしておく必要がありますね。公的資金の融資や、銀行など民間の創業資金など、色々な事業資金の融資をしてくれる事業ローンについて行っておく必要があります。